Softwareのページ

自作ツール置き場

C700

SPC700エミュレーションによるソフトサンプラーVSTi,AudioUnit (17.03.19 updated)
c700shot c700rec
Manual(EN) (thanks to czchmate!)
  • 2016/04/22

    • キーオン中と、キーオフ後のSR値を別々に設定可能に
  • 2016/03/19

    • spc,smc形式での演奏記録の書き出し機能の追加
    • チャンネル確保方法の設定項目の追加
    • ピッチモジュレーション、ノイズ機能の追加
"Set Recorder..."を最初に開いた時に必要になるコードファイルです。ダウンロードの上、C700に読み込ませて使用してください。C700のユーザーは、このファイルの配布および、これを組み込んだデータの配布については特に制限なく行えるものとします。 SourceCode in Github
以前のバージョンで同梱されていた、エコープラグインですが、
単体で欲しいという方のために、残しておきます。
以前のバージョンとの違いは、64bit対応と、パラメータCopy機能の削除です。

NSD.Lib向けMMLモード for テキストエディタ mi

テキストエディタ mi 用のモード・ツールです。
NSD.Libは、S.W.氏により制作された、ファミコン用の音楽データ作成ツールです。
mi上で、以下の機能が使用出来るようになります。
  • MML(NSD)モードの追加(構文解析、MMLコマンド色づけ)
  • コンパイル、演奏支援ツール
  • MMLコマンド入力支援ツール
  • 数値テーブル演算ツール(New! 130603)
  • ティック数カウントツール(New! 130603)
Download
使用方法、NSD.LibをOSXで使用する方法については、付属のドキュメントを参照ください。今のところ、mi2.1.12専用です。無保証ですが、Windows版のmiでも動作するようです。

移植版・改造版

VOPMex

Sam氏によるWindows用VSTシンセVOPM(Ver0.17)を基に独自に機能追加、AudioUnit(Mac)対応等を行ったバージョンです。(17.01.14 updated)
今回のバージョンから、Mac版はIntel専用となります。また、GIMICを使用する場合は、最新ファームウェアへのアップデート及び、Windows版では、c86ctlが必要となります。ホストアプリのexeファイルと同じフォルダに"c86ctl.dll"を置いて下さい。詳しくはGIMIC公式の説明を参照下さい。
オリジナル版からの変更点
  • AudioUnit対応
  • VSTGUI3.6rc2に対応した修正
  • GIMICを使用した実機演奏に対応
  • 実機演奏時にはTLによる音量制御を行うように変更(少し精度が粗いです)
  • グラフィックデータをPNGフォーマットに変更
  • ボリュームと独立したエクスプレッションの実装
  • バーチャル音源使用時も、TLによるベロシティ制御を行う仕様に変更
  • バーチャル音源使用時のハードウェアLFOの動作を実機OPMと同じにした
  • コントロールチェンジによる全音色パラメータの制御
  • オペレーター毎のベロシティ感度設定機能
  • ソフトウェアLFOをMIDIチャンネル毎に2基使用可能に
  • ソフトウェアエンベロープをMIDIチャンネル毎に128基使用可能に
  • 演奏データのS98フォーマットでの出力
  • ソフト・ニー特性も可能なコンプレッサーをMIDIチャンネル毎に1基使用可能に
  • ポリ・モード時の、Slot確保方法を2種類から選べるようにした
  • 互換モード、exモードの切り替えを行うためのNRPNの実装
  • いくつかのバグの修正

Milky Tracker

MilkyTrackerv0.90.85 をベースにスーファミ風補間モードを付けたり、一部ショートカットキーを変更した改造版。